​Projects

​光起電物質開発事業

世界初、高純度SiO2を加工することにより、光発電機能を発見しました。SiO2から生み出された本起電物質はその構造が単純ですが、高機能性原材料として用途展開しております。
本原材料は、光発電電極や、新しい半導体材料として、またぺロブスカイト型太陽電池や蓄電池等との組み合わせにより、様々な機能をもたらします。
 

​光発電素子開発事業

光起電物質を使用した光発電素子を開発しました。

室内光等の低照度環境下でも発電することの出来る素子や、原料の加工により、透明性が高い光発電素子も開発しました。
多用途化が広がると期待できます。IoT向けや窓仕様などへの応用化が進んでいます。日本国以外のIPを全て保有しており事業を展開します。

​上皮系細胞増殖促進剤事業

角質層を容易に通過し、効果を及ぼすべき標的細胞に到達できる新しいオリゴペプチドを開発しました。このペプチドは上皮系細胞増殖促進剤として、上皮系細胞を刺激して育毛を促進するほか、上皮細胞の成長を促進する皮膚再生促進、 さらには皮膚潰瘍治療、粘膜損傷治療など再生医療への使用にも期待される新しい原料です

​細胞培養事業

生体内と類似した3次元培養環境を提供する『DSeA-3D®』を培養基材として開発しました。
癌細胞等の初代培養が可能で、且つ増殖過程の観察に優れておりバイオメディカル系の基礎研究開発時および製薬開発時のツールとして提供しています。
今後は再生医療や創薬における研究用ツールとしての使用も期待されています。

​真贋認証技術(人工物メトリクス)

キャッシュカードやクレジットカードが正式に発行された本物であることを識別するために、人工物メトリクスと呼ばれる真贋認証のための媒体(チップ)を開発。このチップを読み込むことにより、偽造カードであるかどうかの認証を行い、セキュリティ強化をはかるシステムを提唱しています。本システムは、カードのみならず、本物であるかどうかを判別したいパスポート、債券などにも使用でき、また偽造ICを防ぐ手段としても利用できます。

​新型コロナウィルス向け空気清浄機

飛沫核感染を防ぐため、殺菌効果に優れたUV-C(深紫外線殺菌ランプ)とオゾンランプを組み合わせた空気清浄機を開発しました。隔離ブースを組み合わせ、2台の空気清浄機でプッシュプル機能による陰圧のなかで、クリーン度の高い環境を作り出したり、病院のみならず、工場や学校、公共の場など、人が往来する場に設置し、空気感染を防ぐことを目的としたモデルとなっております。